読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【閑話】 プログラマーとして自立する道のり

プログラミング勉強
スポンサーリンク
広告

現状でプログラマになると決めてから、おおよそ3週間である。

今の気持ちを率直に述べるなら、学べば学ぶほど(というほど学んでもいないが)、

学ばないといけないこと、実際に試してみないといけないことが、

次から次へと湧いてきて、どんどん先が見えなくなってくるというところである(笑)

現状では、土日をできる限り開けて手を動かし、ouputするのに使い、

平日業務の傍ら(なかなか時間が取れないので)ドットインストール等の

動画学習と、システムやパソコンの基礎を本を読むというInputという

繰り返しで、なるたけそのサイクルを止めないことだけを考えている。

ここにその気持ちを綴るのは、主に自分を励まして、目的意識を

頭に刻み込むことを目的としている。

厳しいところを、なんとか辞めることだけはないように、

奮い立たせているという状況である(笑)

今は「なぜXXX」シリーズが基礎を学ぶのによい、というコーチの言を

信じて、まずはその最初である「コンピュータはなぜ動くのか」という

本を読んでいる。これは大変に初学者に分かりやすく書かれていて、

最初に書かれているように、「コンピュータは単純なのだ」ということを

実感させてくれるような作りになっている。とはいえまだ2章の途中なの

だが、以降も楽しんで読み進めていけそうな気がしている。

こちら→「コンピュータはなぜ動くのか」

一方で、これもまたコーチからのお薦めだったので読もうとしている

「Perfect Java Script」という本なのだが、これは上記の本とは異なり、

冒頭で「中級者向けの本である」と謳われている通り、かなり読破には

困難を伴いそうだということがまずは分かった。コーチは今数週間

学びをリードしてもらっている状況で、すでに、一般的な人と比べて

相当な勉強家であり、目的(プログラマになる)を達成するために

相当な時間を費やしたということが分かる人なので、きっとこの本も

かなりの部分を読破し、さらには手でも動くことをためしてみたので

あろうと思われるが、そう思うと、かなりの道のりである…。

私は、この時点で一瞬途方にくれてしまった。

こちら→「Perfect Java Script」

しかし、この後コーチに「これ難しすぎっす!」と早速弱音を吐いたところ、

コーチも全部を熟読したわけではなかったようだ。

曰く、「パーフェクトシリーズの本はボリュームが半端ないのでw」。おちゃめだ。

なのでやっぱり思い詰めすぎず、楽しく進んでいこうと改めて思った。