6日目 ちょっと早いけど前のめりにRailsの環境構築をやってみる

スポンサーリンク
広告

まだHTMLやCSSJavaScriptなんかもまだまだわかりきっていない気もするのですが、

気も急くし、コーチも早くやってみれば? とのことだったので、とりあえず

進んでいる感を出すためにもRuby on Railsの環境構築をやってみます。

Windowsなので、なんかややこしいらしい…。

いろんな人から、このためにも(私のPCがかなり遅いこともあって)早く

Mac買った方がいいよ、と言われています…が、如何せん現在の状態でMac

買った場合、別の仕事用のPanasonicと二台持ちにならざるを得ず、

これは肩を鍛えないと毎日肩コリしちゃうな…いや、自分を機械に合わせるって発想

おかしくね、うんいまのとこはなかよしのPanaちゃんでなんとか頑張ろうという結論になりました。

ということで、コーチからばしばし送られてくる10個ほどの参考HPを見ながら

恐る恐る始めてみるものであります。さて、エラーは出てきて当たり前とかって

書いているHPもありましたので、あまり気負わず、早速行ってみましょう。

 

……インストール中……

私は、このサイトを主に参考にしました。

Railsを利用するための環境設定

http://www.buildinsider.net/web/rubyonrails4/0102

時折、こちらも参考にしました。

WindowsRuby On Rails 4.2.0をインストールしてみた

http://qiita.com/ciao/items/0ada6b04c568c77ee275

ここで思ったことは、私のような素人も、ブログに実施したことを記録できる時代ですから、参考にする情報は少なくとも2つくらいは用意しておいて、自分で何が合っていて

何が間違っているかを判断しながら読むべき、ということです。

家庭医療の世界で言う、セカンドオピニオンみたいなもんですかね。

間違っている場合もある前提で、情報を多角的に収集することが大事、ということですかね。

実施した順番。

1.Rubyのインストール

2.SQLiteのインストール

Rails標準DBがSQLiteらしいのでこれにしました。

3.DevKitのインストール

4.Ruby on Railsのインストール

5.Git(GUI)のインストール

途中、devkitの展開フォルダがサイトの指定通りになっていなかったり、

インストールを確認(コマンドプロンプトRuby -vを打ってバージョンが表示

されるか)ができなかったり、と多少うようよしましたが、特に問題なくここまで

はこれました。

全くの初心者の人は、インストールするとき、ダウロードページに行って

どのモジュールをダウンロードするか? という点でも迷うかも。

サイトも英語で書かれていることも多いですし。

私は、以前少しだけJavaの環境構築を意味もわからずさせられまくったことがあり(仕事で)その時は結局全く意味もわからず、結果も出せずに終了したのですが、今になってその経験が生きている気がします。もし、そこで詰まっている人がいたら、みんな通った

道だと思って、一旦休憩してから、もう少し頑張ってみてください!

この後は、環境構築したとはいえ、何が動くんだ? ということで、

動かすところまでやってみようということで、引き続きこちらのサイトさんに

お世話になっています。

Ruby on Rails 4アプリケーションの作成

http://www.buildinsider.net/web/rubyonrails4/0201

……とここまではよかったのですが……

このあと問題発生。

なんとも長く苦しむことになりました。

ちょっと長くなるので、記事分けまーす。

一旦、以上で。