読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microsoft Word for macで段落を上げたり下げたりするショートカット

スポンサーリンク
広告

Windowsでは、Wordは、Shift + Control + ↑または↓で、段落レベルで上げたり下げたりができて、とても便利でした。

 

しかし、macになって、同じショートカットが効かなくなってしまった・・・。

これは作業効率が落ちる。

 

ということで探してみたところ、ばっちりのものを下記のサイトで説明してくれていました。

Move a Paragraph Up or Down in Microsoft Word (Mac) « projectwoman.com

 

これによると、ショートカットキーはそのまま、Shift + Control + ↑↓ なんだけど、

macのデフォルトのショートカットキーが被ってしまっているために効かないということらしい。

System preference > keyboard > shortcut を見ると、

「Mission Control」 と「Application Window」のチェックがオンになっているので、このチェックを外す。

f:id:TACOSVilledge:20170524113840p:plain

このMission Controlというショートカットは、開いているwindowを全て一覧する動作で、タッチパッドの三本指スワイプ上に当たる。

 Application Windowは、開いているアプリケーションのウィンドウを一覧表示する動作で、タッチパッドの三本指スワイプ下に当たる。

タッチパッドの三本指の動作に慣れている人は、スワイプで事足りるので、キーボードのショートカットを割り当てておく必要はないと思う。

 

私自身もタッチパッドで事足りるので、キーボードのショートカットキーの割り当ては必要なしと判断し、先ほどの二つの項目のチェックを外したところ、Wordで割り当てられている、段落の上下ができるようになった。

 

上の記事が端的にまとめてくれているが、自分の備忘のためにメモメモ。

 

 

以上〜。