読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェにて。隣の婚活中カップルの会話が楽しい

スポンサーリンク
広告

カフェなうです。

周りの話って聞き入っちゃいますよねー
集中しようとしてればしてるほど、耳に入って来ます。

 

ほんとはね、作業しないといけないんですよ、そのために来てるわけですから。
でもやっぱ面白いから聞き入っちゃうんですよねー

 

さて、本日のお客様、カップルでお見えです。
30代後半〜40代前半のお二人。


婚活パーティーであって、そこで出会って以来のデートみたいです。
ここ、ドトールですので、お高くとまることなく、比較的ざっくばらんな様子。

 

女性はかなりの婚活上級者と見え、男性は出会ったパーティーが初婚活パーティーだったみたいですね。
最初受付が開始ギリギリでスタッフに怒られた話とかして、相手の女性が色々と指南してます。

 

男性は、比較的楽な感じ、結構声出して笑っててラフな感じですね。
青のストライプのYシャツ、清潔感は大丈夫そうです。すごくスマートというわけではないあたり、垢抜けすぎてはない感じでしょうか。
女性は、おしゃれ&お化粧きっちりされてますが、話の内容からして、ざっくばらんな感じの方ですね。
女性同士で集まったときは、キャッキャキャッキャよりは、ギャハギャハ感情を吐き出すタイプというところでしょうか。

 

 

趣味の話とか、おきまりの質問したいんだけど、まだあったばかりで共通の話題がないので婚活パーティの話になっちゃうって感じですよ。
男性、その合間を縫って、基本情報を自然な流れで聞き出そうと覆い隠した必死感が空気の波動を伝わってきます。 
頑張れ!

 

 

男性「お酒とか飲むんですか〜?」
女性「近所の立ち飲み屋とかでー、獺祭スパークリングあけたりしてますよ!」
男性「えー! 立ち飲みですか!!?」(ちょっと驚いてる)
女性「ええ! 結構情報交換とかできて、いいですよ!w」
男性「ええー、そうなんですね。ちょっと危なくないですか?(←何が?)
女性「そんなことないですよ〜w」

 

 

〜〜〜 一息(つまり多少の無言タイム) 〜〜〜

 

男性「趣味とかって、あの時間だと聞きにいくいですよね〜」
女性「そうそう。紙とか持って回ってメモしてる人がいて、すごいなー私もやればよかった!って思ってました!」
男性「ちなみに趣味は普段はどんな? 最近感動したこととかありますか?」
女性「あ! モアナ! 見たんですけど、めっちゃ感動しましたぁ〜!!」
男性「へーそうなんだ! 映画あまり見ないので。(←おい!) 他にも何か見ましたか?」
女性「ララランド見ました! 最初ミュージカルだったって聞いて。でも映画って基本高いじゃないですかぁ〜。
安い時に友達と行ったりとかですね〜。」

 

男性「週末は?」
女性「散歩です。御苑とか、明治神宮とか行きます。外出ないと基本グータラしちゃうんですよ〜。掃除もしない! 炊事もしない! ドラマ見てるだけ! みたいなww」

 

男性「自炊します?」
女性「自炊普段基本しないです! 全く!! (←多分男性、ちょっとがっかり)
でも6年間同棲してたので作れるんですよ。でも人がいないと、自分のためだけには作んない。 (←お、巻き返した!)
カレーは6日連続とかでも食べ続けられるんですけど。それ以外は・・・野菜とかも腐らせちゃうし。 (←それは別問題では)
男性「そうなんですね〜 (←ちょっと嬉しそう)

 

女性「料理できます〜?」
男性「全然! カレーくらいしか。。。」
女性「カレーできれば大丈夫! (←え、いいの?) 」

 

女性「添加物すごいじゃないですかぁ〜。女性だからわかるのかもしれないんですけど、便秘とか肌荒れとかしちゃうんですよ! (←便秘を告白するってなかなかざっくばらんだな〜) 
だから自炊しないとやばいなーとか思うんですよ。コンビニの野菜とかも栄養とか取れないじゃないですか。(←「とか」が多いな)
男性「え、、そうなんですか???」
女性「薬品ザバザバかけて洗ってるから! だから自炊やらなくちゃなーとか思いつつ……でもやらない!! っていう(爆) (←ここにオチつけるために薬品の話とかも出したのかw 面白い)

 

(男性、ちょっと引き気味?)

 

男性「タバコ吸います?」
女性「タバコすいません! 吸いたくなることありますか?」
男性「たまーにありますね〜(笑) 仕事が忙しくなった時とかに。」

 

男性「今度飲みにとか行きませんか?」(←うおー核心ついてきた!)
女性「いいですよ〜飲めないですけど。 (←え? そうなの? 獺祭スパークリング立ち飲みで開けてたじゃん!) 強いですか?」
男性「まあまあです。普段どこあたりで飲むんですか? 」
女性「渋谷ですね。友達と会うのも渋谷が多いです。」
男性「渋谷、あまり行かないんですけど、どこに?」
女性「ヒカリエとかマークシティとかですね。」
男性「じゃ今度渋谷チェックします!」
女性「いや、この近くとかでいいですよ〜〜」
男性「え、じゃぁそこのビルの3階だか4階にいいお店があるんですよ。」
女性「え、全然それじゃ伝わらないwww 何屋さん?」
男性「ワインとかも売ってるお店なんですよ。」
女性「ヘェ〜美味しいんですか?」
男性「あ、多分。会社の同僚に聞いて(苦笑い)、結構有名なお店らしいので、多分大丈夫! (←いいじゃないですか、垢抜けてていいお店知りまくりとかより断然良いですよ!)



男性「土日休みですか?」
女性「そうです!」
男性「じゃあ来週末とかでいいですか?」
女性「土曜日予定入っているから、日曜で!」
男性「早いうちということで、18時とかでいいですか?」
女性「はい! じゃあ次の日曜ということで!」

 

(男性、予定サクッと決めるなぁ〜。サクッとまとまりました。)

 

男性「ラインとかします?」
女性「しますよ〜」

 

ーーー交換中ーーー

 


(おおー、サクサク決めること決めて行きますね〜。まぁそもそも目的がお互い明確だから、直接的でも問題ないんだな)

 


女性「洗濯物回しっぱなしにしてきちゃったんですよ!」
男性「え?? マジで??」
女性「そう。乾燥機までついてるやつなんですけどね! ま、もう完全に乾いてると思うけどw」
男性「そっか。じゃあそろそろいきましょうか!!」

 

 

婚活パーティで出会ったカップルにしては、想像していたのよりもずっとざっくばらん。
二人とも、コミュニケーション上手だし、こんがらがった志向とか性格とかというようにも聞こえませんでした。
これは、来週の日曜が楽しみですね(^ω^)  ←お前は誰だ
是非頑張っていただきたい。

 

最後、心配する必要もない乾燥機までついてる全自動洗濯機の話をわざわざ持ち出した女性の意図と、
細かくなんどもひいてるとも取れる男性の驚き具合が気になりますが、

真実は、男女各々のみぞ知る・・・

 


本日は、婚活パーティで出会いたてで遠からずラブタンバリン(※1)鳴らしそうなお二人に登場していただきました〜。

皆さんも参考にしつつ、バンバンラブタンバリン鳴らしてってくださいね。

 


やべ、45分もこんなことをしてしまいました。

さー作業作業っと。

 

※1 恋愛を始めること。シンガーソングライター岡村靖幸さんの楽曲に登場する造語。