Wordpressの管理用ダッシュボードを開くと別ページへ遷移する

スポンサーリンク
広告

今回は、WIXで作っているサイトを Wordpressに移管しようとしています。

ところが、ダッシュボード(Wordpressの管理画面)のURLを叩くと現行のWIXのサイトへ遷移してしまう。
結論から言うと、遷移してしまう、と言う問題があった時は、基本DNSの設定を確認しようと言うことです。
 
ご存知の方には簡単すぎることなんだろうなぁと思いつつ、
初学者にはこんなことも全くよくわからない機能ですね!
一つひとつ勉強していってます。
 
ということで、追って状況を説明していきます。
 
ーーーーーーーー
 
まずは新しいサイトを配置したいサーバーにWordpressをダウンロードしました。
今回は、ロリポップサーバで以前契約していたものがあるので、そこにダウンロードしました。
 
レンタルサーバのルートフォルダを「root」とします。
Wordpressはルート直下の「home」というフォルダを作ってそこにダウンロードしたとします。
そうすると、wordpressのダッシュボード(=管理画面のこと)のURLは、
 
root/home/wp-admin
 
となります。
しかしながら、サイトのURLを叩いても、管理画面が表示されない。。。
 
ロリポップでサーバ領域をレンタルする場合、そのままにしておくと、そこで運営するサイトのURLは、
ロリポップサーバに割り当てられたよくわからない「lollipop9809.」(←適当)みたいな文言が入ったURLになります。
自分のサイトの固有の名前とも言えるドメインを作ったとします。
DNSドメインネームサーバー)に、自分のドメイン名とロリポップサーバのIPアドレスを対応させて管理することで、
独自ドメイン入りのURLでリクエストが来た場合は、こっちのロリポップに載せてるサイトを返してあげてね」という誘導をしてあげます。
つまり、独自ドメインを、WIXで取得していない場合、(WIXを使い出す前から独自ドメインを使っていたなどの場合)、DNSで遷移先をWIXに指定してあげるということを設定しているはずです。
 
つまり、WIXから次にWordpressに移行する場合は、「このドメイン名入りのURLでリクエストが来た場合は、こっちのWIXのサイトを返してあげてね」と設定していた内容を、
「このドメイン入りのURLでリクエストが来た場合は、こっちのWordpressのサイトに飛ばしてあげてね」に変えなければならないということになります。
 
新しいWordpressを公開する前に、試しに内容を入れ込んでみようという段階では、WIXへ飛ばすDNSの設定のみを削除してやらないと、Wordpressの管理者用ページ(ダッシュボード)にもアクセスができず、つまるところいろんなテーマの選定や、テーマの反映、データの入れ込みなどもできないということになります。
 
DNSの設定で、WIXへ遷移している内容を全て削除しましょう。
これで、ダッシュボードを開こうとしているのに、WIXのサイトに飛んでしまう、と言う現象を止めることができます。
 
DNSは、レンタルサーバ側(ここで言うロリポップ)で実施していることもあれば、
ドメインを取得したサイトで設定できるところもあります。
どこのDNSで管理しているかを確認し、その設定を見ます。
 
 
以上。