Wordpressのダッシュボードを開こうとすると403エラーが出る

スポンサーリンク
広告
Wordpressレンタルサーバにダウンロードして、サイトのURLを叩いてみたところ、それはできました。
サイトのURLは、基本的にダウンロードしたフォルダになります。
今回は、以下のように「home」というディレクトリを切ってダウンロードしたので、以下がサイトのURLになります。
http://ドメイン名/home/
 
ただ、これでは一番デフォルトのアロエのトップ画面のテーマになっています。

f:id:TACOSVilledge:20170528222338p:plain

 
Wordpressでサイトを作ったことがある人ならば必ずみたことがある一番シンプルなテーマです。
これでも十分機能は満たしているのですが、も少しかっこいいテーマを選びたいなと思った場合、ダッシュボードからテーマを選んで変更したいと思うと思います。
 
と思った時に、ダッシュボードのURL(http://ドメイン名/home/wp-admin/)を叩いても表示されない・・・
403エラーが出てしまいました。
 
403エラーというのは、基本的に、「そのサイトを見るための権限が付与されてないよ」というもののようです。
この場合、Wordpressのファイル群の中にある、.htaccessという設定ファイルに記載されている内容を変える必要があります。
 
この権限エラーは、勝手に誰もがそのURLから管理画面を表示させて、中身を改ざんすることができないように、権限がないIPアドレスからのアクセスは受け付けないようにデフォルトで設定されていることに起因しているようです。
なので、.htaccessファイルという設定が記載されているファイルを開いて、「このIPアドレスからの変更は受け入れて〜 お願い!」という文言を追加してあげないといけません。
 
ここで.htaccessファイルというのを編集する際のポイントとしては、以下2つ。
1. FTPWordpressをダウンロードしたフォルダにアクセスし、.htaccessファイルに必要な文言を追加する。
2. この時、.htaccessファイルというのは最初にドットが付いていることからわかるように、隠しファイルです。
 隠しファイルが表示されていないことも多いので、FTPツールでファイル群を表示させた時に、「ない!」と慌てないようにしましょう(私だけかもw)
 
レンタルサーバだと、それぞれFTP画面も提供してくれているところが多そうです。
ロリポップだと、ロリポップFTPというサービスを提供してくれていました。
 

f:id:TACOSVilledge:20170528222741p:plain

 
ロリポップの場合は、403エラーが出た場合の対処法が以下に書かれていました。
 
これでやっとこさ、結構長く苦しんだんですが、Wordpressのログイン画面を見ることができましたー。
 

f:id:TACOSVilledge:20170528222806p:plain

管理画面のログイン画面を表示させるまでに、こんなに苦労をするとはwww

よもや予想しませんでしたー。

 
あー、長かった。でも勉強になりました。
DNSと、権限設定、FTPIPアドレスなど、色々と適当に覚えていたことを(今回の課題に関する部分では)腹落ちすることができたと思います。
 
おそらく、DHCPDNSなどは、まだまだ色々ありそう。
あと、同じドメインの中で、サブドメインだけは別サイトに飛ばすとかについては、目下調べ中です。
 
一つ一つやって行く中で覚えて行くしかないなー、大変だなーと思う一方で、まだまだ楽しく勉強していきたいなと思いました!
 
 
以上。