UNIXコマンドでディレクトリを削除(rm -rf)

スポンサーリンク
広告

UNIXコマンドの備忘。

ディレクトリごと消したい時は、rmdir <ディレクトリ名>でもいいが、これは、ディレクトリが空の時に限る。

ただ、*(ワイルドカード)も使うことができる。

 

中身ごと消したい時は、

rm -rf <ディレクトリ名> とすればいっぺんで消してくれる。

-fオプションは、force(強制)なので、y/n ?とか聞く間も無く消してくれる。

y/nを確認したい場合は、-riか、-rだけでやると良い。

 

-r は再帰的に、中身があったらそれも、という意味。(多分)

 

以上。