鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

すでに構築済みのvagrant環境を別のPCに移管する

今使っているboxのpackage化は、

https://donow.jp/skillup/?p=1064

ここに載っているように、シンボリックリンクを貼ってvagrant package とうつのみで、package.boxファイルができる。

 

これをLANに接続されているPCであればscp、そうでないものならUSBなどで、次に環境を構築したいPCに移動する。

移動したPCでは、適当なフォルダを作り、package.boxを配置。

vagrant box add <任意でつけるbox名> package.box

 

とする。

基本的に、Vagrantfileを置いているフォルダが、vagrantを実行するフォルダとなるため、この場所で上のコマンドを打てば良い。

この時、以前の環境と同じようにフォルダ体系がなっているかを確認しておく。

 

また、今まで開発していた内容なども全て移管する場合は、それらのフォルダをzipして、同様に移動させたいPCへ持っていき、解凍(コマンドでやるなら、unzip develop.zipと打つだけ)する。

 

ここでVagrantfileの中で、必要な設定を変更する。

portやpublic networkなどは変更することも多いだろう。

 

それでvagrant up してプロヴィジョニングができるかどうか試す。

vagrant環境内も、思った通りのディレクトリ構成になっていれば成功。

うまくいっていない場合は、一度exitしてディレクトリ構成を整理して、再度vagrant upこれを繰り返す。

 

一点、macでpackage.boxを作った場合、なぜかunzipした時に「__MACOSX/」というフォルダが作られてしまうことがあるようだが、不必要なので消して良い。