鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

gitでリモートのURLを設定し直す

新しく環境構築して、git pullしてみたらうまくいかなかった。

そこで、gitでoriginとして登録されているURLを確認したいと思った。
こういうときは、

git remote -v

で内容を表示してくれる。
このとき、httpsで始まる場合は、URLを登録しており、git@で始まる場合は、sshで繋ぐように登録していることになる。
先輩によると、httpsより、sshで登録するのがオススメとのこと。

間違ってhttpsで登録していたプロジェクトがあったので、sshで変更しなおした。
originの登録の仕方は、

git remote set-url origin

で設定し直せます。