鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

ssh-agentに公開鍵を登録して毎回パスワードを入力しなくてよくする/ssh設定をログイン先へ転送する

sshについて、まだよくわかっていないのですが、
ssh-agentというものに鍵を登録しておくと、毎回入力しなくても良くしてくれるようです。

自分のローカルで

ssh-add -l
追加されている鍵を確認します。
最初は何も登録されていないはず。


その後、
ssh-add ~/.ssh/id_rsa

を打ちます。


再度、ssh-add -lを打つと、先ほど登録した鍵が登録されているはずです。


その後、ssh -Aオプションをつけて接続すると、同じsshを転送先へと持ち越してくれます。
ssh先から、ローカルと同じgitにアクセスする場合、鍵情報をログイン先へ持ち越してくれるので、便利です。

  • A は、認証エージェントの転送を許可するオプションです。


以下のサイトが詳しいです。
ssh-agent でパスフレーズの入力を省く - WebOS Goodies