鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

Laravelでデバッグのために情報を画面に出力したい(javascriptのconsole.logみたいなことがしたい)

javascriptだと、console.log()で何かとブラウザのコンソールに出力して確認作業しますよね。
こんな感じのことをLaravelでやるのはどうするのかな? と思って調べました。

基本は以下で良さそうです。

とにかくその場で見たい時

dd($変数);

ddは、dump dieの略らしく、dumpで綺麗にHTMLぽく整形した形で内容を書き出したのち、プログラムをdieさせるので、
dump内容だけが表示される形になります。

とにかく開発中に今どうなっているか、変数に何が入っているかを確認したい時に大変便利。

phpの元の書き方で、

echo '<pre>' . var_export($変数) . '</pre>' 

という書き方もあるようですが、これだと、改行とか全部無視されてザザザッと内容が出てくるので、
$requestの中身を全部見たい、といった用途には向きません。
(見にくくて仕方ない)



以下のは、ログファイルに書き出す形。

ログに書き出したい時

logger()やinfo()というヘルパー関数が使えるようです。
これで、storage/logs/laravel.logに書き込まれる。

わざわざlogファイルを見ないといけないので面倒ではありますが、
使いどころもあるのかな。


参考にしたサイト:
Laravel 5 のデバッグ出力 - びったんびったん



以上。