鶏口牛後な日々 〜へっぽこPHPエンジニアの発散の記録〜

PHPエンジニアを目指して奮闘中、でもブログは発散中

javascriptの配列入門(超初心者向け、個人的備忘)

javascriptでの配列について、また調べるのが面倒なので、こちらにまとめておきます。

配列の宣言

普通の配列
var array1 = ['値1', '値2', '値3'];



連想配列
var array2 = { key1:1, key2:2, key3:3 };

文字などを入れる場合は、
var array3 = { username: '尾崎豊', userid:'1', userphone:'999-0000-9999'};

配列の値を取得

var value = array1[0];
→1がvalueに入る

var value = array3['username'];
→'尾崎豊'がvalueに入る


var value = array3.username;
→同上

配列へ値を追加

array3['userage'] = 13;
もしくは

array3.userage = 13;

ドットで繋げるのは便利ですね。

注意点としては、連想配列ではpushメソッドが使えないそうです。(エラーになる) 新しいキーを指定して、値を代入すると、追加になるということですね。めもめも。

配列を削除

delete array1;

指定したキーのみ削除する場合は、
delete array1[1];

配列の値からキーを取得

keys()メソッドを使います

var key = array3.keys('尾崎豊');
→keyには'username'がはいる

適宜追加します〜