鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

Enumを使うわけ個人的理解。LaravelでEnum作るライブラリを試してみた

Enumを使うわけ

実は経験が浅く、Enumがなんのために使われているのか、いまいち理解できていなかった。

例えば、 apple という言葉に、 1 という番号を付与する場合、 変数APPLE を用意し、 descriptionapplevalue1 とする。

そうすることで、以下ができるようになると理解した。

 valueを変えたい時、実際の数値は、ひとところで管理することで、1箇所変更すれば全てに反映できるようにする

ということに尽きるのかな、と思った。

Larval のEnum型を作るライブラリ

Enumは、上で示した通り、 変数 と それに該当する descriptionvalue を管理するクラスを作るだけのことである。 メソッドも、クラスの外からそれを呼び出せるゲッターとセッターを作る程度だと思う。

ライブラリを入れてみたところ、それ以上に何ができるかというと、テンプレートを用意してくれる php artisan コマンドを用意してくれている、という感じだった。

もちろんそれだけでも、とても助かる。

実際の操作の仕方は

qiita.com

こちらの方が詳しく書いてくれているのでそちらを参照のこと。