鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

O365のPowerPoint for macで、自動保存されたファイルが(保存後も)毎起動時に開かれる

O365のPowerPoint for macで、autorecoveryという機能があるようで、自動保存してくれる。

起動中の何らかの事情でPPが閉じてしまった時など、次のPP起動時に、autorecoverされたファイルが開き、改めて自分で保存するかどうかを選択することができる。

一度自分で保存するか、削除するかを選択すると、それで終わりでいいはずなのだが、なぜかそれ以降もPP起動時に毎回開かれる・・・。

つまり、毎回のPP起動時に、一度でもautorecoverされたことがあるファイルが全部開くという、大変メモリも無駄だしイライラする事象が起きてしまうのです。

調べてみたところ、下記の方がきっちり修復する方法を見つけてくださっていたので、そのままシェアさせてもらいます。

Mac版PowerPointの自動保存が消せなくなった – devinker – Medium

ターミナルから、autorecoverファイルの保存ディレクトリに移動し、保存されているデータを消せばそれで良いとのこと。

上記の方が書いてくれてる通りなので、以下は自分用のメモ。

コマンドは以下。

# autorecoverファイルの保存場所へ移動
cd Library/Containers/com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

# 中身確認
ls

# autorecoverデータの削除
rm *

プログラマーとか、PCになぜか詳しい人とかターミナル使い慣れてる人にとっては、 cd とか ls とか rm とかのUNIXコマンドは基本中の基本だけど、そうでない人には自動保存ファイルの置き場所確認するのも一苦労だろうと思った。

上の人は格納場所をどうやって突き止めたんだろう。 autorecover とかで grep とか find とかで検索したのかな。

そこはまだ私にはわからない。

確かに、Applicationの中でみるデータ(例えば、PhotoとかMemoとか)も、突き詰めればどこかのフォルダに入っているわけで、アプリケーション経由でアプローチできないものも、terminalから探せばあるはず。

この前提に改めて気付かされた。

以上。