鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

お名前.comのドメインをNSレコードを作ってAWS Route 53に移管する(超個人的覚書)

まず新規取得したものは、60日経っていないと全移管できない。

そのため、サブドメインを切って、NSレコード(name serverレコード)を作成した時のメモ。

ドメインに関しては、何度やってもまだまだ理解不足を痛感させられるので、今後の自分のために。

ホスト名には、サブドメイン名を作っていれる。よくあるのが www など。 ホスト名=ドメイン、にしてしまうと、そのドメインへの接続を全てAWSへ移管するということになり、その場合は別の手続きが必要になる。すなわち、これはできない(お名前.comだと、ちゃんと警告が出て、実施ができないようになっている)

レコードは、 NS と入れる。これはネームサーバーのこと。 このサブドメインに来た接続は、こちらのネームサーバーに管理を委託しましたよ、ということを示すもの。

TTLは、「Time to Live」の略で、そのデータの寿命のこと。 DNSの場合は、名前解決の情報をキャッシュしておく時間のこと。900とすると、900秒はキャッシュしておくということになる。

参考にしたサイト:

お名前.comのドメインをAWSで使用する4つの方法 - Qiita

https://wa3.i-3-i.info/word13138.html