鶏口牛後な日々

魔法使い(なんでも作れるエンジニア)を目指してます。ブログは発散中

「さくらのレンタルサーバ」にあるデータベースのバックアップを取る

背景

「さくらのレンタルサーバ」で運営しているWordpressのバージョンアップをするために、DBのバックアップを取ろうと思いました。

外部のデータベース操作ツールから接続はできない

私が思いつく一番簡単な方法は、MySQLにSequelProなどのGUIツールで接続し、dumpを吐き出すことなので、ローカルのSequelProから接続できるのか試してみました。

結論としては、接続はできませんでした。

調べてみたところ、「さくらのレンタルサーバ」では、外部からの接続は許可していないみたいです。 公式の質問集に載っていました。

「さくらのマネージドサーバ」では許可されているようでした。

「さくらのレンタルサーバ」では、コンパネからけるphpMyAdmin経由でしか、DBの中身を直接確認したり操作することはできないようです。

phpMyAdminを開く

phpMyAdminというのは、webブラウザ上でデータベースにアクセスし、中身をいじったりできるツールです。 「さくらのレンタルサーバ」では、コントロールパネルからアクセスできます。 ページ左の列の中で「アプリケーションの設定」の中の、「データベースの設定」を選択します。 f:id:TACOSVilledge:20180728091409p:plain

利用しているデータベースの一覧が出てくるので、その中の「管理ツール」というリンクをクリックすると、phpMyAdminのログイン画面が出て来ます。

f:id:TACOSVilledge:20180728091445p:plain

ログインアカウントとパスワードを入れて、ログインします。

「エクスポート」を実行

ログインしたら、「エクスポート」というタブをクリックします。

f:id:TACOSVilledge:20180728091712p:plain

色々と詳細に設定をすることができますが、基本は何も触らなくてOK。

画面右下の「実行する」ボタンを押すと、ダンプファイルが自分のパソコンのダウンロードフォルダに保存されます。 「<データベース名>.sql」というファイルです。

これで完了。

バックアップをインポートする

もしも、Wordpressのアップデートがうまくいかずにデータベースが消えてしまう、なんて非常事態が発生した場合は、さっきエクスポートしておいたダンプファイルを、次は、phpMyAdminの「インポート」タブのところで読み込めば、エクスポート時の状態に戻すことができます。